耳鳴りと頭痛を同時に感じた場合、その症状は病気からきているかもしれません。 耳鳴りと頭痛を起こす病気は、以下の通りです。 ・高血圧 ・顎関節症(顎が痛い、顎を大きく開けることができない、顎が開きづらい、顎を開く時に音が鳴るなどの症状をいいます) ・耳性帯状疱疹 ・三叉神経痛 ・耳管狭窄症 ・おたふくかぜ 高血圧になると血液の流れが悪くなり、耳鳴りが起こることもあるでしょう。 同時に、血管が急激に拡張されてしまうため、頭痛も伴います。 乱れた生活習慣をしている人はなりやすいので、注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)しないといけません。 顎関節症は、あご関節への負担、および、ストレスなどによって、口が開きにくくなる病気です。 この病気になると、耳鳴り(実際には聞こえない音が聞こえるような気がすることをいいます)や頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)の他に、あごを動かす時に「ガクッ」という音がします。 もし、こんな症状を感じるのであれば、歯科医に相談してください。 耳性帯状疱疹とは、帯状疱疹ウイルスが耳の神経系に感染する病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)のことで、耳鳴りや頭痛のほかに、顔面神経麻痺、めまいなども現われます。 耳管狭窄症は耳管が閉じる病気(先天的なものも少なくないでしょう)の事で、気圧の変化などが原因です。 また、おたふくかぜにかかると、耳鳴り(実際には聞こえない音が聞こえるような気がすることをいいます)の他に、頭痛や高熱、嘔吐といった症状が現われるでしょうー